振り飛車一筋・KYSの将棋ブログ

自戦記や棋書紹介、将棋雑記など、いろいろなネタがあります。級位者から有段者までどうぞ

知って得するテクニック! 角を使って頭金を防ぐ

今回は、詰みの基本・頭金の話です。

といっても、攻めではなく受けの話。すなわち、「頭金をどう防ぐか?」がテーマです。級位者向けに書きましたが、もしかすると有段者の参考にもなるかも。

【テーマ図】この局面で頭金をどう防ぐ?

本日のテーマ図は↓こちらです。

f:id:KYS:20210211035121p:plain

次の一手、もしかすると有段者にも見えにくいかも

放っておくと、次に△8八金で詰み。どう受けるかですが、まず、玉が逃げる手はダメですね。すなわち、▲9九玉と逃げると△9八金、▲7九玉と逃げても△7八金と、いずれも頭金の詰みを免れることはできません。

となると、角と銀の持ち駒を使って受けるしかないのですが……。まず、銀を使った受けから検討しましょう。

① ▲8八銀の受け

抵抗手段その1。
△8八金を受けるために、▲8八銀と「敵の打ちたいところに打って」みます。

f:id:KYS:20210211035445p:plain

△8八金は防げるが……

しかし、これは△7八金と打たれて受けになっていません。

f:id:KYS:20210211035518p:plain

横に利かない銀の弱点を衝かれた格好

以下、▲9九玉に△8八金まで詰みですね。

② ▲9九銀・▲7九銀の受け

抵抗手段その2。
8八の地点に利かすために、▲9九銀と打ってみる。

f:id:KYS:20210211035600p:plain

△8八金は防げるが……

しかし、これもダメですね。
確かに頭金は防げるのですが、今度は△7八金と打たれて詰まされます。

f:id:KYS:20210211035639p:plain

銀、邪魔ァァァァッ

打った銀が、玉の逃げ道を塞ぐ邪魔駒になっています。これは、テーマ図から▲7九銀と受けるのも同様。△9八金と逆サイドから打たれて詰まされます。

f:id:KYS:20210211035720p:plain

銀は、いない方がよい駒になっている

③ ▲9七銀・▲7七銀の受け

抵抗手段その3。
▲9七銀と上から打つトリッキーな手。

f:id:KYS:20210211035809p:plain

タダの地点にポンと銀打ち

この▲9七銀の狙いは、△8八金の頭金を防ぎつつ、もし△同となら▲7八玉と脱出する手を見ています。

f:id:KYS:20210211035859p:plain

部下(銀)を捨て駒にして窮地を逃れるクソ上司(玉)。みなさんの周りでもよく見られる光景ではないか?

しかし、この▲9七銀も受けになっていません。△9七同とではなく、△7八金と逃走路を先に押さえられ、▲9九玉に△9七とで必死です。

f:id:KYS:20210211040112p:plain

捨て駒にされた部下(銀)は、相手チームに転職して元上司(玉)の首を獲りにきた。倍返しだっ!

これは、テーマ図から▲7七銀と受けても同じ。△7八金▲9九玉△7七金という手順で必死です。

f:id:KYS:20210211040153p:plain

相手に銀を渡してしまい、より悲惨な末路を迎えた

銀打ちの受けでは相手に逆用されるのでダメ

銀を使って受ける手を模索しましたが、いずれもダメでした。なぜ、銀打ちでは受からないのか?

銀という駒は、自分の周辺にしか利きがないため、それで頭金を受けようと思ったら、玉の近くに打たざるをえません。本日のテーマ図で具体的に言うと……

f:id:KYS:20210211035121p:plain

再掲図・どう頭金を受けるか?

△8八金の詰みを防ぐためには、8八・9九・7九・9七・7七のどこかに打つしかないのですが、このエリアは玉のすぐそば。そのため、打った銀が玉の逃げ道を塞いだり、相手に取られて戦力をプレゼントしたり、なんて逆用される事態になるわけです。実際、先ほど解説した変化では、いずれもそうなりました。

正解は▲6六角 イメージは「少し離れて玉を守るスナイパー」

しかし、このことを裏返して考えれば、受け方のポイントが見えてきます。

  • 受けのために打った駒で、玉の逃げ道を塞いではいけない
  • 受け駒は相手に取られないよう、離れた場所から打つ

これらの条件を具体化する受けが、テーマ図で▲6六角です。

f:id:KYS:20210211040331p:plain

ちょっと見えにくい手だが、この場面で唯一の受け

受けというと、鎧を装備するかのように、玉の近くに金銀を打つのが一般的なイメージ。それに比べると、この▲6六角は頼りなく見えます。玉がすっぽんぽんのままだからです。

しかし、この▲6六角でキッチリ受け切っています。

f:id:KYS:20210211040331p:plain

再掲図・▲6六角と受けた場面。相手はどう攻めてくる?

① △8八金の頭金は、▲同角と取られてしまうので打てない。
② △9八金は、▲7九玉と大海に逃げ出せます。
③ △7八金も、▲9九玉とかわして詰みません。

攻め続けるなら、△7七金くらいでしょうか。

f:id:KYS:20210211040448p:plain

次に△8八とを狙った詰めろ

しかし、ここで▲7九銀と受ければ大丈夫。
これ以上、相手は攻めが続きません。

f:id:KYS:20210211040533p:plain

ここで銀を投入。なお、▲7九銀に代えて▲7七角△同とでもOK

王様のすぐ近くではなく、少し離れたところから護衛するスナイパー、それが▲6六角。角の特性を活かした見事な受けですね。

今回のまとめと練習問題

まとめましょう。
今回のテーマ図のように、自玉の2マス直上に相手の駒がいて頭金の詰めろになっている場合、角打ちで受ける手法を解説しました。

f:id:KYS:20210211035121p:plain

再掲図・次の頭金をどう受けるかだが、銀打ちではダメだった

f:id:KYS:20210211040331p:plain

この▲6六角がうまい受け

具体的には、自玉の1マス上に利かすよう、離れたところから角を打つ。ちょっと練習問題もやってみましょう。

f:id:KYS:20210211040932p:plain

次に△6八金の詰めろ。玉が逃げ出す手はダメなので……

f:id:KYS:20210211041040p:plain

この▲8六角が本日学んだ受けのテクニック

よく、「角は受けには適さない駒」と言われますが、スナイパーのように離れた場所に置けば、効果抜群なケースがあります。知識として頭に入れておかないと浮かびにくい手ですので、ぜひ覚えて帰ってください。

⇒ 記事一覧・目次のページへ飛ぶ