振り飛車一筋・KYSの将棋ブログ

自戦記や棋書紹介、将棋雑記など、いろいろなネタがあります。級位者から有段者までどうぞ

相振り穴熊への端攻めはいきなり▲9三桂成? それとも▲9四歩△同歩▲9三歩?【後編】

今回の記事は、前回の続きです。
ご覧になっていない方は、まずはそちらを読むことをオススメします。

テーマは「相振り穴熊への端攻め」です。
具体的には、↓図からどう攻めるか?

f:id:KYS:20210118061422p:plain

端攻めは相振り穴熊攻略の常套手段


前回の記事では、ここからダイレクトに▲9三桂成と突っ込み、①△同銀と取られる変化を説明しました。
今回の記事では、▲9三桂成に ②△同香 ③同桂 の攻防を解説します。

f:id:KYS:20210118061910p:plain

この▲9三桂成に△同香と△同桂が本日のテーマ

 

 

変化② ▲9三桂成に△同香


まず、②△9三同香の変化から潰しましょう。
↓図は、▲9三桂成のダイレクトアタックに△同香と応じたところ。

f:id:KYS:20210128230037p:plain

銀ではなく香車で取ってくる手も、じゅうぶんありうる


↑図から、自然に▲9四歩△同香▲同香と進めて……

f:id:KYS:20210128230515p:plain

ここまで一直線に進むはず

 
△9三歩と受けられても、怯まず▲同香成と突っ込みます(↓図)。
これを銀で取るか、桂馬で取るか?

f:id:KYS:20210128234128p:plain

ここで分岐。銀と桂馬のどちらで取るか?

 

銀で取ってくる手は角をぶった切る


まず△9三同銀ですが、これには▲9三同角成とぶった切ります(↓図)。
先手の6六角は、穴熊の銀と刺し違えるのがポイントです。

f:id:KYS:20210128234705p:plain

銀と香車の存在を消せば、穴熊はペラペラになる


↑図から△同桂▲9四歩と自然に攻めて先手優勢です(↓図)。
といっても、まだ先が長いので丁寧に解説しますね。

f:id:KYS:20210128235353p:plain

△9二歩と受けられない形で桂頭に▲9四歩と打てれば成功


穴熊側は歩切れがたたって、△9二歩と受けられないのが痛い。
これが歩を渡さずに攻めた効果です。
△9二香の受けくらいですが、▲9五香と足し算します(↓図)。

f:id:KYS:20210129000154p:plain

あっさり▲9三歩成では手掛かりが消えてしまう。この▲9五香みたいな力を溜める手で


↑図から△8一桂と数を足して受けてきたら、そこで▲9三歩成(↓図)。

f:id:KYS:20210129000833p:plain

この歩成に△同桂は、▲9四歩と打って穴熊側に受けがない


↑図から、△同香▲同香成△同桂▲9四歩(↓図)。

f:id:KYS:20210129001435p:plain

ここからもう一息で攻め倒せる


↑図は△9二歩と受けるくらいですが、▲9三歩成△同歩に▲7五桂(↓図)。

f:id:KYS:20210129002142p:plain

手駒をたっぷり蓄えたところで、攻撃目標を8筋にチェンジ


↑図から穴熊側がどう受けても、▲8五香~▲9五桂と足し算して集中砲火をお見舞いすれば必勝です。
9筋を攻めて桂香を補充し、それを使って8筋を攻める。
この呼吸を覚えておいてください。
この後も出てきます。

長い攻め手順でしたが、ポイントになるのは「角と銀の刺し違え」「△9二香には▲9五香と力を溜める」くらいで、あとは必然手の応酬です。

▲9四歩ではなく▲9五香がポイントの一手


分岐点まで戻りましょう。

f:id:KYS:20210128234128p:plain

初手から▲9三桂成△同香▲9四歩△同香▲同香△9三歩▲同香成


ここで△同銀と取るのは、▲同角成以下攻め倒されました。
というわけで、△同桂と取ってみます(↓図)。

f:id:KYS:20210129003402p:plain

穴熊の銀を最後まで動かさない取り方。これが手強い


↑図では▲9四歩と打ちたくなるのですが、これは罠。
すかさず△7四桂と飛車角両取りに打たれ、以下▲9三歩成でも詰めろにならないので、△8六桂と飛車を取られてしまいます(↓図)。

f:id:KYS:20210129004427p:plain

厳密にはこれでも勝っているが、明快さに欠ける


というわけで▲9四歩ではなく、▲9五香が正解です(↓図)。

f:id:KYS:20210129004858p:plain

この香車が攻めの土台になる


▲9五香が正解の意味とは?
先ほどと同様に△7四桂と打たれた場合、今度は▲9三角成が成立します。

f:id:KYS:20210129005801p:plain

この手があるのが▲9四歩との違い


この▲9三角成が詰めろになるのが、▲9五香の効果です。
(▲9四歩と打つ手だと、この▲9三角成は詰めろにならず、△8六桂と飛車を取られて失敗)
▲9三角成には△同銀しかありませんが、▲同香成がまた詰めろ。
穴熊側は、△8六桂と飛車を取る余裕がありません。

▲9五香以下の攻防 テクニック3連発で穴熊陣を攻略


少し脇道に逸れましたが、▲9五香と打つ意味はおわかりいただけたと思います。
▲9五香の局面まで戻りましょう。

f:id:KYS:20210129004858p:plain

再掲図・ポイントの一手▲9五香


↑図は、放置しても次に▲9三角成の突撃があります。
よって△9二香と受けるくらいですが、このタイミングで▲9四歩と打ちます。

f:id:KYS:20210129011042p:plain

▲9五香と土台を据えてから▲9四歩と打つのがポイント


次に▲9三歩成が詰めろになるので、やはり△7四桂と両取りに打つ余裕はない。
▲9五香が攻めの土台として働いているのがわかりますね。
△8一桂と数で受けてきても……(↓図)

f:id:KYS:20210129011404p:plain

ここからの攻め方は必見


ここからのテクニックを一つ紹介します。
▲9三歩成△同香に、▲同香成……でもOKですが、▲9四歩と打つのがそれ。

f:id:KYS:20210129012524p:plain

▲9三香成ではなく、この▲9四歩が巧打


↑図から△同香▲同香△9三歩に、▲8五桂と打つのがテクニック第2弾(↓図)。

f:id:KYS:20210129012928p:plain

この桂馬と香車の形を覚えておこう


↑図は、次に▲9三桂成から突破されてしまうので、△9四歩と香車を取るしかありません。
が、そこで▲9三歩と垂らすのが、とどめのテクニック第3弾!

f:id:KYS:20210129013126p:plain

相手の歩の裏側から、痛烈な垂れ歩!


次に▲9二香の一手詰め……ですが、この単純な詰めろを受けるのが難しい。
△9二香と受けるのは、▲同歩成△同玉▲9九香(↓図)と9筋に足していけばよいでしょう。

f:id:KYS:20210130072716p:plain

△8四歩の受けには▲9四香と走る。以下①△8三玉には▲9三桂成、②△9三歩には▲同桂成△同桂▲9九香△8三金▲8四角


というわけで、▲9三歩の垂らしには△同桂くらいですが、それには▲同角成(▲同桂成ではなく)と突っ込んで優勢です(↓図)。

f:id:KYS:20210130072701p:plain

次に▲9四馬が狙い。△9二香と打たれたら▲7五馬と引き上げる


以上が、最初の図から▲9三桂成に②△同香の変化です。
長くなったので復習しますと、ポイントは↓図。

f:id:KYS:20210128234128p:plain

△9三同香の変化のポイント図


ここから△同銀と取られたら、▲同角成の刺し違え → 9筋を攻めて手駒を蓄え → 最後に▲7五桂+▲8五香+▲9五桂の8筋集中砲火。
△同桂と取られたら、▲9五香(▲9四歩ではない) → テクニック3連発。

変化③ ▲9三桂成に△同桂


最後に、もっともありえなさそうな③△9三同桂の変化を説明して〆ます。

f:id:KYS:20210118061422p:plain

最初まで戻って、ここから▲9三桂成に……

f:id:KYS:20210127233109p:plain

△同桂と取り返してきた図。まずありえないが、一応解説


これに対しては、当然▲9四歩と突き出します。
次に▲9三歩成とされては壊滅なので、△8一桂と数を足して受けますが……(↓図)

f:id:KYS:20210127233220p:plain

この手で受けるしかないが……


自然に▲9三歩成と攻めます(↓図)。

f:id:KYS:20210127233304p:plain

自然に▲9三歩成と攻める。何で取り返してくるかで分岐


この▲9三歩成を、銀・香車・桂馬のどれで取るか?
まず、△9三同桂は▲9四歩と打たれて受けなしになるので、この手はない。

銀で取り返してくる手には角をぶった切る


続いて△9三同銀ですが、これには▲9三同角成とぶった切ります(↓図)。
角は穴熊の銀と刺し違える。
先ほども同じような場面が出てきましたよね。

f:id:KYS:20210127233656p:plain

基本的に、角は穴熊の銀と刺し違えればよかった


△9三同桂は、やはり▲9四歩と打たれて困ります。
よって↑図からは△9三同香ですが、▲同香成△同桂▲9四歩と自然に攻めていけば先手優勢です(↓図)。

f:id:KYS:20210120233303p:plain

実はこの図、先ほど出てきた変化と同一


↑図は、先ほど解説した②△9三同香の変化に合流しています。
復習の意味も兼ねて、ここからの攻め方を書いておくと、△9二歩▲9三歩成△同歩▲7五桂です(↓図)。

f:id:KYS:20210120231444p:plain

9筋で駒を調達したら、今度は飛車のいる8筋から攻める


相手がどう受けても、▲8五香や▲9五桂とさらに足し算すれば攻め切れます。

今度は▲9五香ではなく▲9四歩でもOK


▲9三歩成の場面に戻りましょう。

f:id:KYS:20210127233304p:plain

再掲図


この▲9三歩成に、△同銀は▲同角成と切られてダメでした。
となると、残るは△同香ですが……先手は▲同香成と攻め続けます(↓図)。

f:id:KYS:20210127235928p:plain

この香成に代えて、▲9四歩と打つ「テクニック」は先ほど解説した。ここでは自然な香成の変化を解説


↑図で△同銀と取ると、▲同角成と切られ、先述した穴熊潰れの変化に合流してしまいます。
よって、△同桂と取ってきますが……

f:id:KYS:20210128000348p:plain

先ほども見た、8二銀を最後の最後まで残す指し方


↑図、さっきも似たようなのを見ましたよね。
▲9五香と打つのが正着という場面です。

ただし、この場面では相手から△7四桂の飛車角両取りがありません(=つまり、先ほど解説した変化よりも先手が得している)。
そのため、▲9五香ではなく、▲9四歩でOKです。
以下△9二歩と受けられたら、▲9五香~▲9六飛と足していく要領。

結論として、最初の図から▲9三桂成に③△同桂と応じてくる手は、②△同香の変化を覚えておけば、それと同じような進行になるので大丈夫です。

本日のまとめ


だいぶ長い解説になってしまいました(^^;)
まとめます。

・今回の記事では、↓図からダイレクトに▲9三桂成と突っ込み、②△同香③△同桂の変化を解説した

f:id:KYS:20210118061422p:plain

今回の記事の初形図
 
・②△同香の変化で知っておきたいキーワード
「角は穴熊の銀と刺し違え」
「9筋で駒を調達し、8筋に集中砲火」
「▲9四歩ではなく、▲9五香と打つ筋」
・③△同桂の変化は、②△同香の変化を覚えておけば対応できる