振り飛車一筋・KYSの将棋ブログ

級位者から有段者までどうぞ! 自戦記や棋書紹介、将棋雑記など、いろいろなネタがあります。

実戦次の一手・終盤編No.2

本日の記事は、「実戦次の一手」です。
私の実戦(終盤)から、みなさんの参考になりそうな場面を紹介します。

 

「詰め将棋」か「必死」か不明な状態で解いてほしい


出題にあたって、一つだけお断りを。

この手のブログでは、出題時に「実戦詰め将棋」や「実戦必死」などと書かれることが多いです。
しかし、私はあえて「次の一手」としか表記しません。

というのは、詰め将棋や必死と書くと、それだけでヒントになってしまうから。
実戦においては、「相手玉は詰んでいます」「詰まないので必死を掛けてください」のようなヒントは存在しませんよね。

詰め将棋と言われれば、詰み手順のみを考える。
必死と言われれば、詰ます手順は読まずに、必死の手順のみを考える。

そういうのは、実戦での読み方とは違います。
実戦では、「この局面は詰む? 必死しかない? それとも受ける?」というように複雑な思考になるはずです。

というわけで、より実戦に近い雰囲気を味わってもらうために、あえて「次の一手」としか書かないことをご了承ください。

問題


さて、前置きはこれくらいにして問題をどうぞ。
終盤戦、次の一手は?

f:id:KYS:20201113151342p:plain

私が振り飛車側。つまり負かされたほう( ノД`)


有段者レベルの問題なので、「わからん」という人や、級位者の方はヒントをどうぞ。
↓クリックするとヒントが開きます。

この場面、相手玉に即詰みがあります。
15手詰めです。

 

初手▲7一龍では、△9三玉から上部に脱出されて失敗。
▲7一龍の前に一工夫ほしいところです。

以前、「振り飛車にトドメを刺す手筋 △9二玉には▲8四桂」という記事を投稿しました。
この局面でも、それを使って詰まします。

 

3手目までネタバレします。
▲7一角△9二玉▲8四桂です。

f:id:KYS:20201113151505p:plain

角打ちから▲8四桂の捨て駒

 

 

さて、いかがでしょうか?
結論が出た方は、↓クリックして答えをご確認ください。

正解は▲7一角から詰ましにいく手。
▲7一角には△9二玉(↓図)ですが……

f:id:KYS:20201113151553p:plain

△9三玉は許せない。まずは角打ちで上部脱出を阻止


次の一手が、この問題のポイントその1。
それが▲8四桂と捨てる手です(↓図)。

f:id:KYS:20201113151505p:plain

見えにくい捨て駒だが、詰みパターンのひとつ


↑図の▲8四桂は取る一手ですね。
そこで▲8二角成!と捨てるのがポイントその2。

f:id:KYS:20201113151909p:plain

桂馬に続いて角も捨てちゃう!


これも取る一手。
△8二同玉と取らせたところで、やっと▲7一龍と王手します。

f:id:KYS:20201113152054p:plain

満を持しての▲7一龍


なぜ桂馬と角を捨てたのか、おわかりでしょうか?
8四の地点がふさがっており、玉が上部に脱出できません。
これが駒を捨てた効果です。

ここまでくれば簡単。
あとは▲7二龍や▲8二銀などと単純に王手をかけて追っていき、↓図でフィニッシュです。

f:id:KYS:20201113152708p:plain

手順の後半はテキトーに追っていけば詰む

 

解答は以上ですが、ひとつ補足を。
もう一度問題図を掲載します。

f:id:KYS:20201113151342p:plain

再掲問題図


初手から▲7一角△9二玉▲7二金(↓図)と必死をかけるのではダメなん? と思った人。

f:id:KYS:20201113154101p:plain

次の▲8二角成が受からないので相手玉は必死だが……


↑図は確かに必死です。
ここで問題になるのが、自玉が詰まないかどうか?
必死をかけても、先に自玉が詰まされてしまったら負けですよね。

以前、「長い詰みより短い必死」は個人的に疑問を感じるという記事を投稿しましたが、この局面はまさにそう。
さて、はたして自玉は詰まないのでしょうか?
ちゃんと読み切ったうえで、答えを確認してください。

正解は「自玉は詰まない」。
つまり、この場面では相手玉を即詰みに討ち取らず、必死でも勝てるということです。

相手から詰ましにくるなら△8九龍(↓図)しかありません。

f:id:KYS:20201113154706p:plain

王手をかけるならこれしかない。先手玉を引きずり出す


▲同玉△7八成桂▲同玉とかなり危なく見えますが(↓図)

f:id:KYS:20201113154741p:plain

この局面の「詰む・詰まない」を読み切れるか?


△7七香成や△6六桂など王手は続くものの、詰みはないですね。
必死をかけて勝つのであれば、ここまで読まないといけません。
けっこう大変です。