振り飛車一筋・KYSの将棋ブログ

自戦記や棋書紹介、将棋雑記など、いろいろなネタがあります。級位者から有段者までどうぞ

振り飛車にトドメを刺す手筋 △9二玉に▲8四桂捨て

振り飛車といえば、美濃囲いとは切っても切れない関係です。まあ最近は、振り飛車ミレニアムとか耀龍四間飛車での金無双とか、囲い方もバリエーションが増えているようですが……。

それはともかく、長年振り飛車党をやっていると、自陣の美濃囲いが崩壊するシーン(泣)にたくさん遭遇します。「美濃崩し」ならぬ「美濃崩され」ですね(笑)

本日の記事では、私の長年の敗北経験から、みなさんの実戦で役立ちそうな終盤の手筋を紹介します。題して「△9二玉に▲8四桂捨て」です。

桂馬を捨てて詰ますパターン 第1問

本日のテーマは、具体的には詰め将棋です。まずは第1問。相手玉を詰ましてください。

f:id:KYS:20201113081052p:plain

有段者なら秒殺問題。級位者はぜひ覚えて帰ってください

9三に逃がさないよう、初手は当然▲7一角です。

f:id:KYS:20201113081128p:plain

まずはこの一手

△7一同玉と取ると▲7二金の頭金で詰み。よって△9二玉と逃げます。この△9二玉とされた局面が、今日のテーマ。

f:id:KYS:20201113081154p:plain

本日のテーマ図。ここからどう詰ます?

ここから▲8二金と王手するのは、△9三玉と上がられて詰みません。この後、△8四玉と脱出されてしまいます。

f:id:KYS:20201113081218p:plain

失敗図 △8四玉と脱出されてしまう

しかし、↑の失敗図をよく見てください。仮に8四の地点がふさがっていれば、8四へ脱出されることはないですね。具体的には、▲7二金△9二玉▲8二角成という手順で詰ますことができます。

それを踏まえて、もう一度↓図を見てください。

f:id:KYS:20201113081154p:plain

再掲テーマ図

ここから直接▲8二金は失敗ですが、8四の地点がふさがっていれば、▲8二金で詰む。つまり、8四の地点をふさぐための事前工作が必要。それが本日のテーマである▲8四桂と捨てる手(↓図)です。

f:id:KYS:20201113081352p:plain

この桂打ちが眼目の一手

この▲8四桂は△同歩と取るしかありません。事前工作を終えてから、あらためて▲8二金と打ちます(↓図)。

f:id:KYS:20201113081430p:plain

失敗図との違いは8四の地点に脱出されないこと

以下は、△9三玉▲7二金(↓図)△9二玉▲8二角成までの詰みです。

f:id:KYS:20201113081456p:plain

玉がどこに逃げても▲8二角成で詰み

▲8四桂と捨てて、8四の地点をふさぐ事前工作。効果がよくおわかりになると思います。

桂馬を捨てて詰ますパターン 第2問

続いて第2問。
これも相手玉を詰ましてください。

f:id:KYS:20201113081529p:plain

ちょっと攻めが心許ない感じだが詰んでいる

初手▲8二金で詰まないことはおわかりですね。△9三玉とかわされて、8四の地点から脱出されてしまいます。やはり、8四の地点を事前に埋め立て工事しておく必要があります。

というわけで正解は、やはり▲8四桂と捨てる手です(↓図)。

f:id:KYS:20201113081606p:plain

やはりこの桂捨てが正解で即詰み

▲8四桂捨てに△同歩と取ってくれれば、そこで▲8二金と打つ(↓図)。

f:id:KYS:20201113081629p:plain

8四の地点が埋まっている

以下、△9三玉に▲9四歩までの簡単な詰み。桂馬を捨てての埋め立て工事が光ります。

さて、▲8四桂に△同歩ではなく、△9三玉(↓図)と上がってきた場合は?

f:id:KYS:20201113081700p:plain

変化図。桂馬を取らずに上がってきたら?

これは▲9四歩と取り込んで(↓図)詰みですね。

f:id:KYS:20201113081726p:plain

△9三玉と上がってきたので先手で端歩を取り込める

△8四玉と出られてしまいますが、金を温存しているので▲7五金で詰み。金を温存したまま相手玉にアクションを掛けられるのが、▲8四桂の効果です。

ひとつの詰みパターンとして知っておきたい▲8四桂捨て

△9二玉とかわされた瞬間に▲8四桂捨て。いかがでしょうか。

この筋を知っていると、美濃囲い玉を詰ますバリエーションが確実に増えます。覚えておいて損のないテクニックです。逆に振り飛車党は、この筋を見落として詰まされないように(笑) 振り飛車党目線だと、▲1八玉とかわした瞬間に△2六桂ですね。

⇒ 記事一覧・目次のページへ飛ぶ