振り飛車一筋・KYSの将棋ブログ

自戦記や棋書紹介、将棋雑記など、いろいろなネタがあります。級位者から有段者までどうぞ

たまには役に立つ? 振り飛車左辺の▲9六歩

先手振り飛車なら▲9六歩、後手振り飛車なら△1四歩。
玉側(=右辺)ではなく、反対側(=左辺)の端歩突き。

f:id:KYS:20210620112338p:plain


対居飛車において、玉側の端歩は将来の逃げ道を広げるとか、端攻めの有無とか、形勢に直結する要素です。
対して、左辺は僻地なので、端歩を突こうが突くまいが形勢とは無関係なケースが多いです。

が、時にはこの「僻地の端歩突き」である▲9六歩(△1四歩)が役立つこともあります。
今日は、そんな例をいくつか紹介します。

 

【ケース1】▲9七桂~▲8五飛の飛車交換狙い


↓図は、5筋を突き合った形の中飛車戦。
いま、中飛車側が▲5五歩△同歩▲同飛と歩交換したところ。

f:id:KYS:20210620103120p:plain


中飛車の次の一手は何でしょうか?
▲5九飛と最下段に引き、▲5七銀~▲5六銀と繰り出していくのが普通の指し方ですが、ここではおもしろい手があります。

f:id:KYS:20210620103144p:plain


▲9七桂。
これが▲9六歩の端歩突きを活かす手。
狙いは▲8五飛からの飛車交換で、もし実現すれば、飛車の打ち込みに強い中飛車側が有利です。
▲9七桂以下、仮に△5四歩と打つと、▲8五飛△同飛▲同桂(↓図)。

f:id:KYS:20210620105334p:plain

以下、①△8二飛なら▲8六歩 ②△8九飛なら▲8二飛の王手~▲5八金左


というわけで、▲9七桂に対して居飛車は△6四銀と出て、▲8五飛△8四歩▲8六飛△9三桂▲7五歩△同銀▲5六飛……が想定される一例です。

f:id:KYS:20210620105403p:plain

次に▲9五歩の桂頭攻めが狙い。形勢はいい勝負

 

【ケース2】桂馬を取らせない


居飛車 対 振り飛車の持久戦から、飛車交換が行われた直後の局面。
居飛車は△7九飛と打ってきました(↓図)。

f:id:KYS:20210620104358p:plain


次に△8九飛成で桂馬を取る狙いですね。
▲8一飛成△8九飛成と桂馬を取り合ってもいいですが、もっと良い手があります。

f:id:KYS:20210620104419p:plain


▲9七桂。
桂馬を取られないよう、ジッと逃げておくのが落ち着いた手です。
特に級位者だと、自陣に残された桂馬・香車をカンタンに取らせてしまう傾向がありますが、相手に戦力を補充させないのが大事。

f:id:KYS:20210620104419p:plain

再掲図


これ、端歩を突いてあるからこその手です。
もし▲9六歩と突いていなかったら、桂馬を逃がすためには▲7七桂とするしかありませんが、それだと△9九飛成で香車を取られます。
▲9七桂と逃げれば、9九香には6六角のヒモが付いているので取られません。

【ケース3】居飛車の8筋攻撃に対し▲9七角と打つ


続いて、角交換型中飛車の変化から。
居飛車の飛車先交換 → 中飛車が▲7八金と上がる → △8九角と打たれたところです(↓図)。

f:id:KYS:20210620104508p:plain


▲8七歩や▲6八金が有力手ですが、9筋の端歩を突いていれば、▲9七角と打つ手があります(↓図)。

f:id:KYS:20210620104528p:plain


▲9七角に対し、たとえば△8二飛と逃げたら、こちらもそこで▲6八金と逃げておきます(↓図)。

f:id:KYS:20210620104549p:plain


↑図から、もし△8七飛成と突っ込んできたら、▲8八歩と龍取りに打ちます。
龍取りと同時に、8九の角取りになっていることが、おわかりでしょうか(↓図)。

f:id:KYS:20210620105132p:plain

①△8二龍などと引き上げては▲8九飛で角がタダ ②△7八角成くらいだが、龍を取って▲8二飛と打って優勢

 

【ケース4】攻防の角打ち


四間飛車美濃 対 居飛車穴熊からも一つ。
居飛車が、△3五歩と高美濃の急所に手を付けてきたところです。

f:id:KYS:20210620105207p:plain

▲3五同歩は△3六歩が厳しい


まともに攻め合っては勝てないので、受けの手が必要です。
ただし、受け一方ではなく、攻めにも効いた「攻防の一手」が欲しいところ。
正解は……

f:id:KYS:20210620105232p:plain


▲9七角。
ここに攻防の角を打てるのが、端歩を突いてある効果です。

この角打ち、7九の龍取りなので、△8九龍と桂馬を取るしかないですね。
そこで▲7九歩と打ちます(↓図)。

f:id:KYS:20210620105257p:plain


相手の龍を底歩でシャットアウト & 6三龍により6九の角取りになっている。
これが「防」の効果です。

さて、居飛車は△9九龍とさらに香車を取りつつ、9七角に当ててきましたが、ここで▲5三角成があるのが「攻」の効果です(↓図)。

f:id:KYS:20210620112004p:plain

①△5三同金は▲6九龍 ②△4七角成は▲3一馬

 

たまたま▲9六歩が役立つケースが多い


4例ほど紹介しましたが、いかがでしょうか。

もっとも、こういうふうに役立つ実例は少ないです。
「▲9六歩と突いたけど、一手パスになってしまった。他のところに手を回すべきだった」なんてケースは、プロの将棋でも見られます。

現実的には、序盤の駆け引きや、間合いをはかるために突いた▲9六歩が、後でたまたま役に立つ感じでしょうね。


⇒ 記事一覧・目次のページへ飛ぶ