振り飛車一筋・KYSの将棋ブログ

自戦記や棋書紹介、将棋雑記など、いろいろなネタがあります。級位者から有段者までどうぞ

実戦次の一手・終盤編No.4

本日の記事は、「実戦次の一手」です。私の実戦から、みなさんの参考になりそうな場面を紹介します。

ペラペラの振り飛車穴熊 このままだと小駒に貼り付かれる

振り飛車穴熊 対 居飛車右玉の終盤戦から取り上げます。激闘の跡がうかがえる↓図が今回の問題。

f:id:KYS:20210427125023p:plain

相手玉はすぐには寄らない。攻め合いは無理なので、受けに回る必要がある

このままだと小駒に貼り付かれそうで、振り穴側がピンチです。どうやって凌ぐか、受けの一手を考えてもらいます。

有段者レベルの問題なので、「わからん」という人や、級位者の方はヒントをどうぞ。↓クリックするとヒントが開きます。

この場面、次に△3八金とされたら大変です。それだけは防がなければいけません。

f:id:KYS:20210427125446p:plain

3九金がいない穴熊で、3八から貼り付かれると、だいたいダメ

△3八金と貼り付かれてから、慌てて▲3九銀と受けても遅いです。以下、△3七歩とつなぐ手があります(↓図)。

f:id:KYS:20210427125900p:plain

この歩打ちが手筋。①▲3七同桂は△2九金で詰み ②▲3七同銀は△同成銀

相手は3~4筋に歩が使えるのが大きいですね。↑図は、放置しても次に△3九金~△3八歩成とされます。▲3六角という受けはありますが、そうするくらいなら、最初から受けといた方がいいですね。

△3八金を防ぐといっても、▲3九銀ではイマイチです。以下、△3八歩と追撃される手があります。

f:id:KYS:20210427130450p:plain

この図から▲4九飛という切り返しはあるのだが、受けに投入した駒(3九銀)をすぐ攻められるのは好ましくない

拠点になっている4七成銀を残しておくと、攻め続けられてしまいます。4七成銀に働きかける手が正解です。

振り穴側は、盤面左にいる飛車角の働きが不十分ですね。これを有効活用しましょう。

さて、いかがでしょうか?
結論が出た方は、↓クリックして答えをご確認ください。

正解は▲6七飛と浮き、4七成銀に当てる手です。

f:id:KYS:20210427132031p:plain

攻めの拠点・4七成銀に働きかける。「相手の攻め駒を責める」というやつ

相手は4七成銀を取られてはいけませんが、たとえば△4六歩としてくれたら、相手は歩切れになります。以下、▲3九銀と受けておけば、今度は△3八歩が打てません(↓図)。

f:id:KYS:20210427132416p:plain

△3八歩と打つ一歩があれば後手よしだが、△4六歩と使ってしまった

この▲3九銀と受けるところでは、▲5六銀という手もあると思います(↓図)。どちらがよいかは難しいですが、とにかく△3八金の暇を与えない方針は一貫しています。

f:id:KYS:20210427132543p:plain

攻めの拠点・4七成銀の除去を狙う。△3六金とつないできたら、▲4五銀という手がある

戻って、▲6七飛と浮く手に対し、(△4六歩ではなく)△5六金も考えられますが……(↓図)

f:id:KYS:20210427133354p:plain

△4六歩と打って成銀を守るのでは先手が取れない。この金打ちなら先手で守れるが……

冷静に▲6八飛と逃げれば大丈夫。貴重な攻め駒を、穴熊から遠い5六の地点に投入するようでは、このやり取りは振り穴側が得しています。

f:id:KYS:20210427133721p:plain

この図から△3八金と貼り付いてきても迫力不足

↑図から△3八金と指されたら、先手は▲4四歩と垂らしておき、次に▲4三歩成~▲3四角の王手金取りを狙う。それを防いで△5七金ときたら、▲3三角△5二玉▲4三歩成△同玉▲4四桂という寄せがあります。

⇒ 記事一覧・目次のページへ飛ぶ