振り飛車一筋・KYSの将棋ブログ

級位者から有段者までどうぞ! 自戦記や棋書紹介、将棋雑記など、いろいろなネタがあります。

シナモロールの将棋入門を読んだ妻が私に挑戦してきた

2020年9月某日、まさかの対戦カードが実現。

将棋初心者の妻
vs 有段者の私

なぜ、こんなことになってしまったのか?
その背景には、「ハ○ーキティ」や「ぐで○ま」などの国民的キャラクターを手掛ける株式会社サン○オの陰謀が存在した。

 

妻、フワッフワ系の入門書にまさかの興味を示す


──ある日のこと。
妻は懸賞が大好きなのだが、私が『将棋世界』を読んでいるのを見て、「それって懸賞とか載ってないの?」と言い出した。
私が「あるよ」と答えると、「マジ? ちょっと見せて」と色めき立って、当該のページ(懸賞詰め将棋・次の一手)を読み始める。

しばらく眺めてから、「これってクオカードとか何かの詰め合わせとか、そういうのが当たるんじゃないんだね」。
まあ将棋雑誌だからねえ、そういうのは当たらないと思うよ(笑)

「ふーん」と言いながら、そのまま将棋世界をパラパラめくっていた妻が突然、「へえー何これ?」と声を上げた。
妻が見つけたのは、将棋入門書の広告。

シナモロールとはじめる子ども将棋入門

シナモロールとはじめる子ども将棋入門

  • 発売日: 2020/08/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 


し、しなもろーる?
うわっ、なんかめっちゃフワフワしてる(^^;)
こんな甘そうなキャラクターは、将棋とマッチしないんじゃねぇの?
無理矢理くっつけた感がすごい。

……と私が思っていると、

「これ、ちょっと読んでみたいかも」

マジで? これを?
……うーん、でもせっかく将棋本に興味を示しているのに、無下に却下するのはもったいない。
というわけで、妻の気が変わらないうちにと思い、次の仕事帰りに本屋に立ち寄って買ってきてしまった。

「つまんない」と途中で投げ出すのではと思っていたが、最後までキチンと読み終えた模様。
さらに、「一手詰めの問題って他にもないの?」と言い出した(!)ので、一手詰めコーナーが載っている将棋世界を3冊ほど渡した。

「一局指そっか」妻からの挑戦


次の日、私と娘が将棋の駒でドミノ倒しをしていると、一手詰めをすべて解き終えた妻が「一局指そっか」と言い出した。
マジで?

f:id:KYS:20200915160623p:plain

 正真正銘のすっぽんぽん

せめて歩を一枚でも恵んでくださぁい……

当たり前だが、すでに一手詰めまでマスターした妻に対し、この状況で私が勝つことはできない。
まあ、勝負というより指導の意味合いが強いので、いかに上手に負けるかが腕の見せ所である。

ただ自陣でウロウロしていて詰まされるのは、スマートとは言い難い。
積極的に相手陣に突撃して歩をかっさらい、あわよくば、その歩でと金を製造する。
私の取れる策は、そんなものしかない。

初手から▲5八玉~▲4七玉と突撃を開始。
対して妻、△3四歩と角道を開け、△8八角成と馬を作ってきた。
角道を開けるという序盤のセオリー、正しく成駒を作る手、シナモロールの本でちゃんと覚えたようである。

そして迎えたのが↓の図。

f:id:KYS:20200915160803p:plain

次に3四歩をパクる狙い


私が玉で3四歩を取りに行ったところ。
3四歩を守るなら△4四馬や△3二飛が考えられるが……妻、△3三桂で王手をかけてきた!
桂馬の動きや利きは、初心者には難しいものだが、これもちゃんと理解できている模様。

f:id:KYS:20200915160857p:plain

妻、3四歩を守らずに桂跳ねで王手!


3四歩を取られるので△3三桂とは指しにくいはずだが、これは良い手である。
正直、センスの良さに驚いた。
ここまで来て後には引けないので、▲3四玉と突撃。

f:id:KYS:20200915160927p:plain

念願の一歩をゲットしたが……


次に▲3五玉と離脱できれば成功だが、初心者ながら妻はそれを許さなかった。
△4四馬と戻ってきて、私の玉を包囲にかかる。
初心者は、特に角(馬)を大きく動かすときに一路ズレたりするものだが、ちゃんと4四に戻ってきた。

f:id:KYS:20200915160958p:plain

一歩パクられた妻だが、冷静な一手


これに対しては▲2三玉と入るしかないが……

f:id:KYS:20200915161024p:plain

次の一手は?


ここで妻が悩んでいたので、「さんざんやった一手詰めだよ」とアドバイス。
しばらくして、「あっなるほど」と閃いた妻が△2二飛と指し、私の玉は討ち取られた。

f:id:KYS:20200915161051p:plain

敵陣に無謀な突撃をしたすっぽんぽん玉の冥福を祈りたい


──対局してみた感想をお聞かせください。

「将棋ってホント頭使うね。マジ疲れたよー」

──いやいや、3~4分で終わりましたが……

「私には無理。もういいわ」

 は?

どうやら、妻と私の対戦は、これが最初で最後になりそうです(笑)