振り飛車一筋・KYSの将棋ブログ

さまざまな将棋ネタを扱っており、級位者から有段者まで楽しめます。大会参加レポやプロの将棋観戦記、棋書紹介に将棋雑記など

実戦次の一手・中盤編No.1

本日の記事は、「次の一手問題・中盤編」です。振り飛車党にとって参考になりそうな場面を紹介します。

振り飛車側が苦しい局面だが…… 粘るならどうする?

今回の問題図は、居飛車 対 三間飛車の急戦の一変化から。

f:id:KYS:20220212010140p:plain

これは振り飛車が苦しい局面です。駒割りが香損のうえ、居飛車のみに龍を作られています。しかし、こういう場面で簡単に土俵を割ってはいけません。粘りの展開に持ち込むならどうするか? ↓クリックするとヒントが開きます。

実は、振り飛車陣に危機が迫っています。たとえば▲2六桂などの攻撃手を指すと、△4七香があるからです(↓図)。

f:id:KYS:20220212010627p:plain

美濃崩しによくある手筋の香打ち

①▲4七同銀だと△4九龍で金を取られます。というわけで②▲3九金とかわしますが、それには△8四角▲7二飛成△5七角成▲同金△4八銀で一気に壊滅してしまいます(↓図)。

f:id:KYS:20220212011332p:plain

この図の実現が△4七香からの一連の狙い

したがって、問題図ではいったん△4七香の筋を受けなければいけません。

問題図で注目したいのが、6七にいる金。もしこの金が6八にいれば、▲6九歩と「金底の歩」を打って受けることができます。▲6八金+▲6九歩という順を実現させるためにはどうすればよいか?

さて、いかがでしょうか?
結論が出た方は、↓クリックして答えをご確認ください。

正解は▲6九歩です。

f:id:KYS:20220212012117p:plain

タダの歩だが

このタダの歩が受けの手筋。いわゆる捨て合いの一種です。もし△6九同龍なら、▲6八金(龍取り)△9九龍▲6九歩という、「金底の歩」で受ける筋を狙っています(↓図)。

f:id:KYS:20220212012404p:plain

こうなれば振り飛車陣は容易に崩れない。△6三香なら▲6五桂

▲6九歩の捨て駒を△6九同龍と取らなければ、次に▲6八金と引いて防波堤を完成させようという目論見です。もちろん、これでも形勢は振り飛車が苦しいのですが、実戦ではこういう地味な粘りが大事です。

⇒ 記事一覧・目次のページへ飛ぶ