振り飛車一筋・KYSの将棋ブログ

自戦記や棋書紹介、将棋雑記など、いろいろなネタがあります。級位者から有段者までどうぞ

実戦次の一手・終盤編No.8

本日の記事は、「実戦次の一手」です。私の実戦から、みなさんの参考になりそうな場面を紹介します。

あと一歩で振り飛車玉を討ち取れる 急所の筋はどこか?

居飛車 対 振り飛車の終盤戦。珍しく私が居飛車側を持った一局です。会心の指し回し(笑)で振り飛車陣を破壊し、トドメまであと一歩のところが問題図。

f:id:KYS:20211121104931p:plain

問題図

大駒は持っていませんが、8三にいる成香・手持ちの金銀銀銀と戦力はたっぷり。相手玉の守りも薄く、これでじゅうぶん攻略できます。ここで非常に気持ちの良い一手がありますので、それを見つけてください。↓クリックするとヒントが開きます。

いまのところ自玉は安全です。相手から△9八飛と打たれる手が気になりますが……(↓図)。

f:id:KYS:20211121120041p:plain

これは▲8九玉と逆に強く当て返せば、相手は困ります。このとき相手が金を持っていると△8八金で詰みですが、現状、相手の手駒に金はない。言い換えると、金を渡さないように攻めるのが急所。ここは手持ちの銀を使ってください。

寄せの基本は「挟み撃ち」です。↓の仮想図を見てください。

f:id:KYS:20211121120747p:plain

仮想図

もし振り飛車の金が5一にいれば、▲4三銀と挟み撃ちにする手が非常に厳しいです。これは飛車取りと同時に、▲6三銀△同玉▲7二銀以下の詰めろ。「詰めろ飛車取り」で決まっています。

というわけで、振り飛車の5二金をどかして▲4三銀を実現させる。これを考えてください。

さて、いかがでしょうか?
結論が出た方は、↓クリックして答えをご確認ください。

正解は▲6三銀です。

f:id:KYS:20211121121412p:plain

正解図

この銀のタダ捨てが強烈な一手です。この▲6三銀は、玉か金のどちらかで取るしかありません。まず①△6三同玉と取ると、▲7二銀と打って詰み(↓図)。

f:id:KYS:20211121121602p:plain

△7四玉なら▲7五金、△6二玉なら▲6一金。いずれも詰み

ですので、正解図の▲6三銀と捨てる手には、②△6三同金しかありません(↓図)。

f:id:KYS:20211121121856p:plain

これで相手の守備金を無力化できました。あとは寄せの基本・挟み撃ちということで▲4三銀と打てばフィッシュです(↓図)。

f:id:KYS:20211121121940p:plain

典型的な挟み撃ち完成図。▲7二金や▲5二金、▲5一銀などの詰めろ。△6一銀と受けるくらいだが、そこで▲8二成香と角を取る

まとめますと、本問のポイントは以下の二つです。

  • 銀なら相手に渡しても問題ない = 捨てる手が成立
  • 5二金がいなければ▲4三銀が厳しい → 6三に誘う

⇒ 記事一覧・目次のページへ飛ぶ