振り飛車一筋・KYSの将棋ブログ

自戦記や棋書紹介、将棋雑記など、いろいろなネタがあります。級位者から有段者までどうぞ

実戦次の一手・終盤編No.3

本日の記事は、「実戦次の一手」です。私の実戦(終盤)から、みなさんの参考になりそうな場面を紹介します。

敗勢の場面での次の一手問題(笑)

振り飛車穴熊 対 居飛車引き角+美濃の終盤戦。私が振り飛車側で、すでに敗勢の局面。

f:id:KYS:20210415232408p:plain

振り飛車穴熊は絶賛崩壊中。さらに居飛車の7五角の利きが素晴らしく、▲4二とが指せない

この敗勢の局面から、次の一手を考えてもらいたいと思います。

「えっ、次の一手問題って、普通は勝ちを決める場面を取り上げるもんじゃ?」

まあそうですね(^^;)
そうなんですが、負け将棋の中にも勉強になることがたくさんありますし。今回の問題は、「もしここから逆転を狙うのであれば」という趣旨です。

さて、前置きはこれくらいにして、問題図を再掲します。

f:id:KYS:20210415232408p:plain

相手の龍はド急所の位置にいるし、駒損もひどいわぁ……

有段者レベルの問題なので、「わからん」という人や、級位者の方はヒントをどうぞ。↓クリックするとヒントが開きます。

この場面、次に△3八金と貼りつかれたらおしまいです。それだけは防がなければいけません。

f:id:KYS:20210416010111p:plain

この図が実現したら死亡確定

△3八金を防ぐといっても、▲3九金などではダメです。以下、△3七桂と追撃されて受けになっていません。

f:id:KYS:20210416010419p:plain

この桂打ちが厳しい。▲同銀は△3九龍、▲同桂は△3八銀。かといって放置しても次に△3八銀がある

ここは手持ちのを使ってください。

さて、いかがでしょうか?
結論が出た方は、↓クリックして答えをご確認ください。

正解は▲5六角です。

f:id:KYS:20210415233510p:plain

龍に当てつつ、△3八金を防ぐ。先手を取った受け方をするのがポイント

これはいわゆる終盤の犠打の一種。2八銀だけの穴熊でも、このラインに角を利かせれば、数手は確実に稼げます。相手が△5九龍と回ってきたら、そこで▲8一飛成と勝負(↓図)。

f:id:KYS:20210415234141p:plain

これでも振り飛車負け。しかし、「簡単には土俵を割らない」という姿勢が相手にプレッシャーを与え、逆転のタネになる

角は見捨てます。
△5六龍と角を取られても、龍が穴熊陣から遠ざかるので、じゅうぶん角は働いたと考えることができます。これが先ほど「犠打」と書いた所以です。

⇒ 記事一覧・目次のページへ飛ぶ