振り飛車一筋・KYSの将棋ブログ

さまざまな将棋ネタを扱っており、級位者から有段者まで楽しめます。大会参加レポやプロの将棋観戦記、棋書紹介に将棋雑記など

『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』で将棋のシーン 将棋部部長・鈴木の腕前は?

みなさんは、日曜朝のスーパー戦隊シリーズ『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』をご存知でしょうか? 桃太郎をモチーフにした戦隊モノで、今年3月から放映開始されました。

なかなか面白いので私は毎週視聴しているのですが、なんと第7話では、将棋を指すシーンが出てきました。

ドンブラザーズ第7話 はるかの高校にタロウがやって来た

『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』第7話、ストーリーは次の通り。

戦隊メンバーの一人・鬼頭はるか(イエロー担当)が通う高校では、月に一度、地域の住民を講師に招いての特別授業が行われます。いろいろな人から話を聞いて、人生経験を学ぶという趣旨ですが、今回の特別講師は、なんと主人公レッド桃井タロウ。

タロウの職業は「宅配便の配達員」なのですが、彼の職場に、はるかの通う高校から「誰か講師を派遣してくれ」と依頼があったそうです。同僚たちとのジャンケンで負けたタロウが、講師役として高校にやって来たというわけ。

タロウはいろいろ話をしますが、その偉そうな態度に、生徒がカチンときます。まずは空手部主将・秦野が、「先生の態度がずいぶん偉そうでムカつきます。押忍ッ」と言って、タロウに勝負を挑みました。しかし、あえなく返り討ち。

将棋部部長・鈴木がタロウに将棋で勝負を挑む!

「先生、次は僕と勝負しませんかぁ?」メガネクイッ

次に立ち上がったのは、なんと将棋部部長・鈴木。鈴木は得意の将棋でタロウを蹴散らそうというのです。

『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』第7話より抜粋 左が鬼頭はるか 奥の生徒が鈴木

桃井タロウ「将棋か。子どもの頃に一度だけしたことがあるな」
鈴木(一度だけ? 勝ったな)ニヤリ

桃井タロウ「面倒だ。一手1秒で指そう」
鈴木「えっ1秒」

まさかの超早指しに一瞬狼狽する鈴木ですが、「なめるなぁ~!!」と闘志むき出しでタロウに挑みかかります。お互いが飛車先の歩を突き、相掛かりっぽい出だし。↓図は、いま、鈴木が▲6六歩と指した局面。

鈴木ィィィィィ!!
▲6六歩はアカンぞぉ!!
その手は大悪手じゃあ!!

ああああああ!!!!!

タロウに△8六歩と指されてしまいました。以下、▲同歩△同飛の場面は、次の△8七飛成を防ぐ手がなく(=▲7八金と上がると△8七歩と打たれて終了)、その代償もない。早くも鈴木必敗の図です。

断言する
鈴木は弱い

一手1秒将棋でも、ある程度心得がある人なら絶対に犯さないミスですね。鈴木は将棋部部長ということですが、たぶん級位者でしょう。はい、↓が投了図です。

この△1五金では、△1五歩と突いても詰み

タロウの玉はまったくの手つかず。駒割りも角金桂得。鈴木の飛車や銀は、攻めにも守りにも全く働いていない完全な遊び駒。

鈴木ボコボコやん

「まっ、参りましたぁ~」と情けなく退散する鈴木。自分の土俵で戦ってこれかい(笑)

⇒ 記事一覧・目次のページへ飛ぶ