振り飛車一筋・KYSの将棋ブログ

さまざまな将棋ネタを扱っており、級位者から有段者まで楽しめます。大会参加レポやプロの将棋観戦記、棋書紹介に将棋雑記など

10代五冠誕生なるかの一局 渡辺三冠・2日目午前の長考は?

※日本将棋連盟による「王将戦における棋譜利用ガイドライン」に違反しないように記事を書いていますが、もし抵触があれば指摘をお願いします。

藤井聡太四冠が、史上初・10代での五冠を達成するか? それとも渡辺明三冠が踏みとどまるか? 2022(令和4)年2月11~12日、王将戦7番勝負第4局が行われました。

2日目の午前中、77手目の選択で、渡辺三冠は1時間を超える長考をしました。私の推測ですが、実戦では出なかった▲2二桂成という手との比較ではないでしょうか。

私としては77手目で▲2二桂成もかなり有力とみて、自分なりにいろいろ検討しました。まあ予想は外れましたが(笑) せっかく考えたので、ブログに晒してみようと思います。

▲2二桂成に△4三金左の変化

77手目に▲2二桂成と指した場合の仮想図が↓こちら。

f:id:KYS:20220212151343p:plain

これに対して後手はどう対応するか? ①△4三金左 ②△2二同金の二択でしょう。まず△4三金左と逃げる手から考えていきます(↓図)。

f:id:KYS:20220212151519p:plain

ここから▲3四歩の突き出しが先手継続の狙いです。3四から桂馬が消えたので、この手が可能ですね(↓図)。

f:id:KYS:20220212151410p:plain

↑図から△4五桂などと逃げると、▲3三歩成とされて後手が困ります(↓図)。

f:id:KYS:20220212151549p:plain

①△同銀は▲4五桂 ②△同金も▲4五桂 ③△3五歩もかまわず▲4五桂~▲4三とで先手よし。角を入手できれば、▲8三角が厳しく残ります。

では77手目▲2二桂成に△4三金左は▲3四歩と突いて先手有利かというと、そうとも言えないのが難しいところ。▲3四歩と突いた瞬間に△3五歩と遮断する手があるからです(↓図)。

f:id:KYS:20220212151618p:plain

↑図から▲2六飛と逃げたとします(↓図)。

f:id:KYS:20220212151637p:plain

ここから考えられる進行例は、△4五桂▲2三飛成△3七桂成▲3二成桂△5一玉▲3三歩成△7七桂(↓図)。

f:id:KYS:20220212151713p:plain

これで先手(渡辺三冠)が勝てるか微妙なところです。この桂馬の打ち込みを▲同銀と取るか玉が逃げるか悩ましい。後手としては、いったん△3三銀▲同成桂△同金▲同龍と清算すればまだすぐには寄らないので、そこで攻撃を続けることができます。先手玉を二段目に引っ張り出せれば、△6六歩・△5六歩といった取り込みが有効になります。

私見ですが、これは後手(藤井四冠)の得意な展開ではないでしょうか。

▲2二桂成に△同金▲同との変化

▲2二桂成と指した最初の図に戻りましょう(↓図)。

f:id:KYS:20220212151343p:plain

▲2二桂成に△同金▲同との変化も考えられます(↓図)。

f:id:KYS:20220212151759p:plain

次に▲3四歩が厳しい攻めですので、それが来る前に後手は反撃に出ます。たとえば、拠点を活かして直接△7七桂のブチ込み(↓図)。

f:id:KYS:20220212151817p:plain

①▲5九玉なら△8九桂成あるいは△6九銀 ②▲7九玉なら△6九銀▲5九金△7八銀成▲同玉△6六歩……が一例

桂馬ではなく、△7七銀と打ち込んでくる手もあるかもしれません(↓図)。

f:id:KYS:20220212151848p:plain

↑図から▲7七同銀△同歩成▲同角と進んだとして、これをどう見るか(↓図)。

f:id:KYS:20220212151909p:plain

①△3五銀▲1六飛 ②△8五桂▲9五角△7七銀……

どう進んでも難しいところです。ただ、どう攻めてくるかの選択権は後手(藤井四冠)側にあります。先手としては選択権を後手に委ねる以上、どの変化になっても「自分が指せる」という見込みを立ててから踏み込まなければいけません。それは大変なので、77手目▲2二桂成は見送った……というのが私の推測です。

さて、この記事をアップしたのは2月12日15時過ぎです。戦いは続いています。決着を待ちましょう。

⇒ 記事一覧・目次のページへ飛ぶ