振り飛車一筋・KYSの将棋ブログ

自戦記や棋書紹介、将棋雑記など、いろいろなネタがあります。級位者から有段者までどうぞ

ウチの妻も大興奮! 木村九段が必殺の合い駒で藤井二冠を撃破!

2020(令和2)年11月22日、午前中に家族で外出し、11時半くらいに帰宅。
テレビをつけて適当にチャンネルを回していると、教育テレビでNHK将棋トーナメントが。
対戦カードは藤井聡太二冠 vs 木村一基九段。
解説は羽生善治九段。

妻「あっ、コレ見たい!」

ウチの妻は、苦労人の木村九段が、今夏の王位戦で藤井棋聖(当時)に4タテを喰らったのに同情したらしく、先日の王将戦リーグ・藤井 vs 木村戦でも、木村九段を応援していました。
まあ、それも木村九段が負けましたが……。

妻からすると、「木村先生ガンバって! なんとか藤井二冠に1勝を!」という気持ちなのです。

 

劣勢の藤井二冠 △7八銀の非常手段に!


さて、テレビをつけた場面では(たぶん)木村九段優勢。
藤井玉を確実に追い詰めていく木村九段。
対する藤井二冠、木村九段の包囲網に穴をあけようと非常手段に出る!
それが△7八銀(↓図)。

f:id:KYS:20201124193010p:plain

銀のタダ捨て 一見狙いがわからない手だが……


これは、木村九段の寄せの拠点である3五銀を除去する狙いの手ですね。
この手の銀捨ては、矢倉戦でよく出てくる手筋です。
↓図をご覧ください。

f:id:KYS:20201124193059p:plain

矢倉戦でよくある手筋 知らなかった人は覚えて帰ろう


△7九銀と放り込んで、▲同玉なら△3九飛、▲同金なら△3八飛。
いずれも王手銀取りで、3筋の銀を抜くことができます。
藤井二冠の△7八銀も、このテクニックです。

王手銀取りをかけられた木村九段 どう凌ぐ?

 

f:id:KYS:20201124193010p:plain

再掲 藤井二冠が銀をタダ捨てした場面


さて、藤井二冠の△7八銀(↑図)に対して、木村九段は▲同金。
▲同玉は△6八飛と打たれて詰んでしまうので、▲同金は当然ですね。
そこで△3七飛と王手された局面が問題。

f:id:KYS:20201124193238p:plain

王手銀取りをどう処置する?


▲7七銀打などの合い駒では、△3五飛成とされたときに次の攻め手が難しい。
ですので、常識的に考えれば▲4七歩と合い駒し、△3五飛成に▲4六銀と打って攻めていく。
ようするに、「攻めの拠点を残すための合い駒」が求められるわけです。

f:id:KYS:20201124193341p:plain

まず、6五馬の利きを活かして合い駒をし……

 

f:id:KYS:20201124193424p:plain

合い駒した4七歩を攻めの拠点にする


さてこの場面、木村九段の選択は▲4七歩でしょうか?

かつて羽生棋王が繰り出した「必殺の合い駒」とは?


ここでふと私の脳裏に浮かんだのが、解説の羽生九段がかつて放った一手。
↓図をご覧ください。

f:id:KYS:20201124193609p:plain

便宜上先後逆。1994年2月 棋王戦5番勝負から


↑の図、△1九飛と王手銀取りをかけられたところなのですが、ここで羽生棋王(当時)が繰り出した必殺の合い駒が↓図。

f:id:KYS:20201124193721p:plain

羽生棋王の指し手は▲4九角 ふおおおおっ!?


なんと▲4九角とタダの地点に合い駒!
もちろんこれはウッカリなどではなく(笑)ちゃんと意図があります。

この場面、普通に▲6九歩の合い駒だと、△1六飛成と銀を取られてしまいます。
つまり、1六銀に連絡をつけるために▲4九角と打ったのですね。

実戦では、以下△4九同飛成▲6九歩と進んで羽生勝ち。
1六銀さえ取られなければ、角をタダで渡しても支障なしです。
角をタダで捨てての合い駒は、非常にインパクトがありました。

ふおおおおっ!? 私も初めて見た「馬の中合い」


話を今回のNHK杯に戻しましょう。

f:id:KYS:20201124193238p:plain

再掲 王手銀取りをかけられた場面


かつて羽生棋王が指した角のタダ捨て、この場面に当てはめるなら▲4七馬です。
4七馬を取ってくれれば、3五銀を抜かれずに済みますが、でも馬ですぜ? タダ捨てはさすがになあ……。

f:id:KYS:20201126035615p:plain

ド派手な「馬の中合い」だが、こんな手は見たことない

 

妻「木村先生どう指すの?」
私「▲4七歩かなあ。あと他には……▲4七馬とか? でもさすがに▲4七馬はねぇよなぁ」


と私が呟いた直後。


木村九段 ▲4七馬!


はああああああ!?
マジでやったよ!


しかし、冷静に見ると藤井二冠は困ってるのか?

△3五飛成と銀を取れば、そこで▲3六歩と打つ。
その変化は、△3七飛の王手に▲4七歩~▲4六銀と進めた場合(=先ほど、『常識的に考えれば』と書いた手順)に比べて、手持ちの銀を温存できています。
この差はデカい。

妻「えっ、えっ!? これタダじゃないの!?」

テレビの前では妻が混乱していますが、「中合い」などという高度なテクニックを解説してもわかるまい。

私「うん、馬がタダなんだけどね。あー、なんて説明すればいいんだコレ。うーん……アレだ、囮。囮みたいなもんだわ」


私も、しどろもどろな説明しかできない。
初心者に説明することの難しさよ。

最後は基本に忠実な手で仕留める 妻大喜び!


さて藤井二冠、木村九段の▲4七馬に対し、結局△同飛成。
そこで木村九段が▲7七銀打と合い駒したのが↓図。

f:id:KYS:20201126040401p:plain

▲4七馬と捨てた効果で3五銀が助かった


この場面、木村玉は安全な状態。
藤井二冠は、次に▲2二銀や▲4四歩を喰らったら終わり。
よって△3四金と桂馬を除去するしかないのですが、そこで▲2二銀と捨てたのが「玉は下段に落とせ」の格言を忠実に守った手(↓図)。

f:id:KYS:20201126040629p:plain

玉は下段に落とせ。こういう基本の手を逃すと、せっかくの▲4七馬が無に帰す


△2二同玉なら▲3四銀と金を取って寄り。
といって△4三玉とかわしても、▲4四歩などの手があってピッタリ寄る。
うーん、これは藤井二冠に抵抗の余地なし。
決まりですね。

妻「これ木村先生勝てる!?」
私「木村勝ちだよ。ここからなら俺でも間違えないから(笑)」
妻「いやーすごい! 木村先生よく頑張った!」
私「さっき馬をタダで捨てたのがスゴイ手だったね。あんな手は滅多に見れないよ」


……などと話しているうちに、藤井二冠が投了しました。
妻、大興奮。
「木村先生すごい!」を連呼していました。

いやー、それにしても▲4七馬のタダ捨て。
華麗に決まったからよかったのですが、万が一読み抜けがあれば、ひどいことになります。
思いついても、落とし穴が怖くて、実際に指す勇気はなかなか出ないのでは。

持ち時間がたくさんあれば、▲4七歩などの無難な手を深く検討するはずです。
テレビ将棋で持ち時間が短いからこそ、逆に思い切って決断できたのではないでしょうか。